大阪タロット教室〜スピリチュアルトレーニング。

0
    JUGEMテーマ:タロット


    タロット教室なのにスピリチュアル?って思うでしょう?

    はい、東京、大阪で行っているタロット教室(たまに地方に出張もあります)などで、ふるらんは教えています。


    カードは現実に目の前にあるものです。

    でもカードから聞こえてくるメッセージや画像・・それから不思議な感覚を磨いてもらうために覚えていただきます。


    カードの解説書は大切なものです。

    それは基礎です。

    問題はそれからもっと深くて・・・もっとお客様のためであって・・それを伝える占い師の能力や人柄のアップであって・・

    それがみんな合わさって『スピリチュアルパワーも兼ね備えるタロット占い師』を目指していただきます。



    だって・・・やりがいって必要でしょう?


    それにもちろんやりがいに進むために、ふるらんのところは
    「自分磨き」がくっついてくる。


    「え〜楽しく覚えたらいいんじゃないんですか?」


    それもアリだと思います。
    もちろん楽しい方がいいですし。


    ただ・・・お金をいただいて相手の方の運命を見るということは相手の命の道すじのお話しにも匹敵します。


    プロの占い師さんの顔つきをみたらわかりますが・・

    優しさにも強さがあります。


    つまり・・・「生きてきた経験」しかり、そして「未来を見通すチカラあり」です。





    話し方も笑い方も・・どことなしか・・芯があります。
    だから落ち着いて聞いていられるのです。

    そしてそのしっかりした芯の中を霊視したとき、その人の本来の大きさがじわ〜〜としみてきて、感動するのです。



    厳しさも、優しさも・・いろんなものをきちんともって「素敵な魅力のある占い師さん」なのだと思っています。




    ただ、占い師さんの生活のための占い・・という人はすぐわかります。


    相手のことを真剣に見ている人は笑いながらも底に秘めた「透視能力」のようなものが視えてきます。





    カード一枚、どう見えるか。

    一枚だけなのに・・・1時間、話せるぐらいになるのは底ヂカラです。





    訓練をつめば・・・左手にカードの束をもち、そこから一枚ひいた瞬間に右手のカードが何が出てくるかわかるようになります。


    そして
    「やっぱりね・・・」と思います。




    その段階もいけて、もっとお客様のためのメッセージを伝えられるためのトレーニングを積んでもらいます。



    「厳しいですか?」の質問に

    「・・かも」とにんまりするふるらんの顔を想像してみてください。


    きっと金運教室、チャネリングの生徒さんなどは笑って言うと思います。




    「厳しい?そんな風に思ったことはありませんよ。だって、未来が変わるんですから」と。




    今、覚えると早く変われます。



    そして何より・・・お客様へのメッセージも自分のメッセージも、ふたつのメッセージが取れるタロット占い師になれますのでお楽しみに。


    未来のあなたはとても楽に生きていられるでしょう。











     


    大阪タロット教室〜スピリチュアル能力開花

    0
      タロットは占いの基本になります。

      カードからたくさんのことを学べるからです。

      あの紙一枚からどれだけの情報を感じられるか・・・という世界です。



      そのためには覚えてもらうことと、確実な訓練が必要です。

      そして・・カードができることによって人を助けたり、喜ばれたりすることを体験できるのです。

      なんて幸せな経験だと思いませんか?


      自分の目の前で人が喜んでくれるのですから・・・





      タロット教室に通って1年を過ぎた生徒さんがいました。

      卒業された後も通われて、お客様とのお話しの仕方等を学んでいました。


      自分のタロットができてくるとその分の能力と同じレベルのお客様が来られるからです。


      それはちゃんと神様が与えてくださった課題です。

      でも時々イレギュラーな方も来られます。

      そういうときの対応策まで教えています。
      (結構これでみなさん、スピリチュアルな仕事をやめたくなるのです)


      占いの範囲を超えた問題を抱えてこられる方も多いのです。

      法律などのことも・・・ですので、それは無理です。

      やはり法的対応は弁護士さんへ。
      精神的な疾患等の回答は専門医へ・・・になります。



      占い師は万能ではありませんし、万能なフリをしてお客様からお金をもらうのはそれはタロット占い師としては神様が作られたタロットのスピリチュアルなエネルギーに違反すると思いますので。


      稀に・・お医者さんがタロットをされておられます。

      ふるらんのところにもタロット占いを学ばれてお休みの時はタロットをされておられる女医さんもいます。


      世界にはたくさんのいろんな人がいて、それぞれの役目を果たしていると思うのです。




      彼女も同じで、能力が上がってくるとまたそれ以上に問題のあるお客様の相談が増えてきました。

      はい、それを重く感じるようならプロとしての仕事ができなくなったり辞めたりしたくなるので、その対処の方法を彼女に教えていくことになりました。



      「最近のお客様の傾向は?」と聞きたりしますので、普通のタロット占いの教室からはまったく違う方向の授業になったりしますので、ある意味霊感タロット教室になったりします。


      霊感のある生徒さんにはまた違う授業を受けていただくことになります。



      彼女の最近の傾向は・・・男女間のややこしい問題。

      「お客様がなかなか納得してくれないし、執着が・・・」という話になり、彼女はしんどい顔をしていました。

      その対処の方法をおしえる前に・・まず彼女のあることが気になりました。

      「さっきからちらちら・・・人が見えるんだけれど・・・それって誰?」と聞くと、

      「女の人ですか?それとも・・・」と聞くので

      「・・・って聞くってことは・・・あなたの場合は男性だってわかってるみたいですね」とニヤっと笑って言うと、

      「やっぱり見えてるんですね」と苦笑い。

      ふるらんは
      「人間だからね・・いろんなことがありますよ。身内もそうだし、他人も・・・そしてまったくの赤の他人もたまには容赦なく来るし」というお話しをしました。



      先日、車を運転していて、あぶなくぶつかりそうになり、そして相手の男性が車から降りてきて怒鳴りつけて行ったそうです。

      「怖かったです」という彼女に

      「それを引きずっているのね・・」と言うのと、続けて

      「ところで・・・○年まえぐらいに・・・男性に怖い想いをしてるよね?」というと、彼女は目を大きく開けてふるらんを見て、少ししてから小さくうなづきました。




      けっこう執念深い人に追いかけられる縁が彼女にあります。

      その根本を外していかないと・・・



      なぜ?って???

      「本人がそうだから」とか簡単なものではないですね。


      ・・もちろん、回答は一つではありません。




      そしてもちろんふるらんにも`ある時期になると必ず起きること’がありました。

      どうしてだろう・・・と考えましたが、ある時からその現象がピタッと止まりました。


      それは・・・この仕事をしてからです。


      人の下で働いていた時は必ずあったのですが、自営をしてからその現象は消えました。

      つまり・・・縁の糸が切れたのです。

      はい、生きる世界が変わったので、出あうことが無くなりました。




      そしてほかのことも今順番に消えて行っています。

      そしてお寺で霊感のあるお坊さんにたまたま出会うと・・・
      「前より〜〜〜になりましたね」とか
      「〜〜が消え、〜〜が出てこられましたね」と静かに微笑みながら言われます。



      ふるらんはお坊さんではないので、ふるらんができることをタロット教室の中で教えたりほかの授業の時もその人の道の役目に合わせて話します。

      話すけれど・・・そのあとの実行は本人に任せます。


      魔法をかけたり、術をかけたりなんてできないし、魔法も術もいつかはとけるし・・・永遠ではないし。


      自己管理と自己成長があって・・・魔法も術も効き方が違うと思ってるし・・・・



      彼女にいろいろなことを教えて・・・そしてそれを実行するように言いました。






      しばらくして・・・彼女から連絡が。

      まだ同じ系統の人は来るけれど、その対処の方法が少しずつわかってきたということでした。

      そして続けてまた言われたことをしています、という報告でした。



      半年後、彼女と再会。


      彼女と話す前に、タロットさんと会話をして・・・

      「タロットさんが、最近のあなたの生活は・・・、と教えてくれるけれど、聞く?」と言うと、

      「はい」と答えたので、ふるらんは

      「前より規則正しくなって、外食も減った。それとちゃんと○○をするようになった。

      ただ、もう少し、お客さんに対して〜〜〜で・・・・」と彼女に話すと、彼女は

      「確かにその通りです」と言いました。



      かなり良くなっています。

      これをこつこつ積み重ねていきたいと思い、彼女に

      「カードさんを入れるポーチを変えてほしいという話になってるみたいだね」というと、

      「実は3つ買ってきたのですが、ふるらんさんと相談しようと思いまして」ということで並べてみて・・・

      「では、一緒に指を刺してね」といい、

      1・2の3、で真ん中のポーチになりました。





      その後、彼女は粘着的なお客様に対しても気にならなくなったそうです。

      そして何より、
      「最近カードがどんどん軽く感じます」と思うそうです。



      それって、とってもいいことです!





      JUGEMテーマ:タロット

      大阪タロット教室〜人からもらったエンゼルカード

      0
        人からエンジェルカードをもらったことってありますか?

        友達が親切でくれたり、使わなくなってもらったとかありますが・・・


        基本的にカードさんは新しいしいのを使うのが主流ですがでもご縁があれば使ってくださいね。


        まわりにまわって・・・ふるらんのところに来て・・・そしてほかの生徒さんに使ってもらったりします。


        それから・・・どんどんそのカードが回ってきて・・・

        結局海外のお友達のところに行った・・という結末がありました。


        不思議ですね。


        そのカードさんは海外に行きたかったのだと思います。




        女の子は・・・ほしくなったらあれこれ買いたくなります。


        カードはあまりたくさんあると・・・・正直大変です。

        生徒さんたちにはあまりもたないように進めています。


        なぜなら・・管理が大変ですので。


        一つのカードさんと仲良くなって・・・まずしっかりと学んでほしいのです。


        ・・・といって、はい、次の・・というのはあまり好ましくありません。


        よほどの実力があるか、今持っているカードさんが
        「もう一つ・・」というきっかけがあればの話です。




        カードは洋服とは違いますし、アクセサリーでもありません。


        それを忘れないように。





        大阪のタロット教室に生徒さんがきて、
        「エンジェルカードをお友達から渡されたのですが、私は使えないので、視てもらって処分の仕方を教えてください」と言われました。


        見ると・・・あらら、有名なカードさんですが・・・いまいちこの生徒さんの使うものではありませんでした。


        「確かにあなたのじゃないわね・・」と話すと

        「はい、なんとなく落ち着かないのです」と生徒さんは言われたので、

        「このカードを持っていた人は・・・」と霊視して・・・生徒さんに伝えると

        「その通りです」と答えてくれました。



        どうやらカードさんとの関係を悪くしたらしく、残念。




        それで生徒さんに
        「このカードさんはとても傷ついているのでしばらくふるらんのところで預かって・・・静養させてもいいですか?」と聞き、了解を得ました。



        カードさんにあることをして・・・そして優しく○○○をして、○○をしました。
        (このカードさんだからです)


        そしてしばらくある場所でお休みをしていただくことにしました。




        様子をみて、タイミングがあったら、と思っていました。

        ・・・ということで、おとといから外に出して、時々様子を見ています。





        JUGEMテーマ:エンジェルカード

        東京タロットスクール〜スピリチュアルな離婚

        0
          タロットスクールの生徒さんにはいろいろと注意事項を説明しています。

          普通のタロットスクールでは多分教えていないこともたくさん。

          なぜなら・・実力が付くにしたがってお客様の質も変わり、その対処の方法も大切ですが、困ったことが起きないようにもしておかなければならないので。



          ある生徒さんにタロットを教えている途中にふるらんの頭の中に
          「離婚」という文字が降りてきました。

          そして授業を中断して・・彼女にカードを一枚引いてもらうと・・・
          やっぱり「離婚」。


          「立ち入ったことを聞くけれど・・」と前置きし、話をしてみると、
          「実は離婚を考えています」と話をされました。


          その話が進んでいる途中、ふるらんは3回とも同じカードをひいていました。

          ん・・回避は不可能ね・・・ということもわかりました。


          ご主人の態度がおかしいので浮気をしているのを疑っていたのですが・・やっぱり浮気をされていたようで、

          「正直、これでこの浮気を理由に離婚できるかな・・ぐらいに思っていました」という冷めた感じでした。



          ふるらんは彼女を見ながらカードを数回引いていました。

          離婚・・・それから・・自立・・・そして豊かな生活・・

          ただ・・引っかかるのは・・・彼女の健康・・・



          カードさんはハッキリしていました。



          ただ・・ご主人の気持ちは・・・このままややこしい離婚騒動なんてめんどくさいので結婚生活を続行しながらの浮気が理想みたいで・・・




          「めんどくさいね・・ご主人」と言うと、
          「だから嫌になったのもあります」と彼女は答えました。



          「ご主人が絶対離婚に反対できないことが起きればいいのにね〜〜」とふるらんが何気に言ったのですが、それがやっぱり本当になるのは・・昔からのふるらんの癖みたいなものだということをまた体験するのでした。





          ある日、街で声をかけてくる人がいたので見ると、夫の会社の社長さんと社員さんでした。
          はい、彼女は昔その会社で働いていて、そして夫と結婚したのでした。

          立ち話をしていて、そしてお茶に誘われ、3人でホテルのラウンジに入ろうとすると・・入れ違いに一組のカップルが客室のエレベーターから降りてきました。
          見ると・・なんと夫と女性・・・

          二人は気が付いて・・そして驚いて立ちすくんでいました。


          つまり・・・夫は仕事に行って、営業中に彼女とデート。
          彼女という人は・・前に社長の秘書だった人で会社を辞めてほかの会社へ行った人だったのです。


          社長さんはこの秘書さんを大切にしていたらしく、いろいろな世話までしていたそうで・・・

          社長さんは
          「そういうことだったのか・・」といい、夫に対して
          「今日はもう会社に来なくていいから」と静かにいい、社員さんと駐車場へ消えました。


          彼女も夫に対し、
          「今日は家に帰ってこなくていいから・・」と静かに言うと、夫は
          「そんなこと言わないでくれ、夫婦だろう?」と泣きついてきたそうです。


          そばに居た女性はそれを聞いて顔色が変わり・・その場から離れていきました。




          帰宅し、震えている夫をみて、
          「もうこんなのいらない」と思ったそうです。


          まぁ・・当然でしょうね・・会社ではもう居場所がない・・・



          「でも明日会社に行かないとね」とあっさりいって、その夜は寝たそうです。

          夫は出社。
          その間に実家に電話をかけて諸事情を話し、両親が
          「子供を連れて今日から来なさい」ということで・・・実家にもどりました。



          「実家が近くてよかったね」とふるらんが言うと

          「はい、決断させてもらえるような超偶然の現象だったと思います。
          あの時、夫と彼女を見てカーッとならなかった自分が不思議でした。
          本当にスピリチュアルな力が働いて私の幸せの方に風が吹き、夫が離婚を承諾せざるを得ないようになったと思っています」と彼女が言いました。



          夫はそれからその会社を辞め、無職へ。
          彼女の実家へ迎えに来るかと思いきや・・まったくそれはなし。
          電話をかけてきて
          「帰ってきてくれ」。



          夫の社長さんから連絡が来て
          やめてほしいとは言っていないが自分から辞めると言ってきたのでそれを承諾したこと、もし相手の女性を訴えて不倫の現場の証言が欲しいなら協力すること等話してくれたそうです。
          それと・・知り合いの社長が人を探しているから、働いてみないかい?というお話し。


          週3回のバイトを辞め、その会社へ転職することにしました。

          はい、離婚は成立して。



          落ち着いてからタロットの授業を再開。


          「一枚ひいてみて」とふるらんが彼女に進めると、彼女は一枚引いてふるらんに渡してくれました。


          そのカードを見ながらふるらんは
          「ほら、スタートのカードよ。これからはあなたの思ったものを作りはじめ、そして成功させると思うわ」と言うと、彼女は

          「ありがとうございます。スッキリしたのでこれで全力で自分の世界を作ります」と言いました。



          必要なことは起きる。
          それも必ず・・・とふるらんはいつも思っています。
           
          JUGEMテーマ:タロット占い



           

          大阪タロットスクール〜スピリチュアルな出会いと結婚占い。

          0

            ふるらんのタロット占いの生徒さんはちゃんと徳積みをしています。

            なぜそうしているかと言うと・・・自分が占ったお客様が幸せになってくれたら嬉しいでしょう?


            片思いが成就するのはもちろん本人の運や縁です。

            でもそれを助けるのはご縁のあった人たちの援助もあります。



            人は一人で生きているわけではありません。

            正しい縁なら・・ぜひ幸せになってもらいたいのです。



            タロット占いの生徒さんで、綾子さん(仮名)

            JUGEMテーマ:タロット占い

            大阪タロット教室〜友人の運命の人

            0
              JUGEMテーマ:タロット占い

              ふるらんは自分の占いでお客様が変わっていくのを見るもの幸せですが、生徒さんが友達や家族様を幸せにすることがとっても嬉しいと思っています。

              いずれふるらんも年を重ねて・・引退になってもたくさんの生徒さんがたくさんの人を幸せにするのを見ていけたらたとえあの世に行っても幸せだと思えるのです。




              できれば・・生徒さんがまたほかの人に教えていって、その人も回りの人を幸せにしてくれたら・・と思っています。


              人それぞれ、先生との相性があります。
              相性があう先生と出会うのは大変だと思います。

              でも自分と相性が合わなかった、ということで相手を批判したりしてはいけません。

              そうすると・・自分のエネルギーがまた負に引っ張られますし、そしてその人の回りもまた大変になるのです。


              いろんな悩みがあります。
              増やすことをすることはしてはいけません。

              生きている限り(あの世はどうなのかわかりませんが)悩みや相談が尽きないです。

              でもできるだけ・・軽い悩みにしておくことと、不思議な解決が起きたり、出会いが急に会ってその人との縁で未来が断然変わったりするのが・・スピリチュアルです。



              たぶん・・・ふるらんはみなさんよりたくさんのスピリチュアルな先生との出会いがあると思います。

              そしてお仕事をしていなくてもその実力がある人をたくさん見てきました。


              まったく能力がない、と思っていても・・お勉強を始めて才能を開花させる人も多いです。




              人生は不思議・・
              だからこそ興味のあることは挑戦してください。

              本当の自分に合えるように自分にいろんな体験をさせてあげてくださいね。




              「タロットに興味があってやってみたいと思いました」と彼女は話したので、

              「いいですよ、それにふるらんもそれがいいとお勧めします」と答えました。


              ちょっと特殊なタロットを・・将来的に持つことになるかな?とふるらんはその時思いました。


              1年かかりで覚えて・・(月一回)。

              だいたいの軽い感じのができるようになりました。

              回数は越えていましたが彼女の希望で
              「もっと深く読めるようになりたいです」ということで続けてきてくれることになりました。

              勉強熱心はとてもいいことです。



              そして・・・
              彼女から連絡が来て、
              「急ぎなのですが、どこかお時間をいただけないでしょうか?」というととで時間を調整して会うことになりました。


              お友達の占いをして、それでちょっと自信がなくて・・・ふるらんに聞きたかったそうです。



              友達の彼氏の写真をスマホで見せてくれました。


              それと・・その時に占って出てきたカードの配列を。


              彼女が占ったのは、友達の運命の人。
              内容的にほとんど合っていたのですが・・・

              「ちょっと解釈が違うだけでほぼあってるね」とふるらんは言いました。

              ・・・と

              「この写真の男性・・・違うってどの時点でわかったの?」と聞くと

              「変な話ですが・・タロットを全部並べていたら、いつの間にかその男性ではなくて、ほかの写真に変わっていて・・」
              「あら〜それならなんとなくわかったわね」
              「はい、違う人が現れると勘が働きました」と言うので
              「ええ。それももうすぐでてくる人ね〜」と言うと
              「はい、それが出てくるのが・・・感覚が解からなくて・・・」
              「とってもいい質問だし、それに幸せの質問だから、ふるらん嬉しいわ〜」と彼女に言いました。


              もう少し・・深めの質問と回答の方法を教えるところまで彼女は来たので、
              「それなら霊感タロットに進行しましょうか」と話すと
              「え〜私霊感なんてないですよ」というので
              「せっかくここまで来てちょっと感覚の方向と深さのことが芽が出てきているし・・・ほとんどの人には霊感があると思っているし、できるから大丈夫」とふるらんは彼女にいい、そのお友達の未来と運命の男性のことを霊感タロットでみるようにしました。


              出てきたカードが・・・前に占った事とほぼ同じ。
              そして不思議なことが・・・


              友達の場所のところに・・・2枚カードが重なっていました。


              ふるらんと彼女は
              「へぇ〜こんな人が出てくるんだ・・・」と思いながら顔を合わせてニヤニヤしていました。



              そしてふるらんから
              「友達思いだから・・あなたにプレゼント回答するね。

              友達の写真をみていると・・明らかに今の彼とは結婚しても良くない。そして・・彼と別れたらすぐ、ほかの男性からの突然の出会いか・・結婚まっしぐらの男性が出てくる・・・
              でも、今の男性と別れるきっかけを与えるのは・・・誰だかわかる?」と話すと

              「もちろん私です。私のタロットをもう一度見せて・・・その時に彼女の運命をきちんと占ってそれを話します」と言いました。


              一か月ぐらいして、友達と会う約束になり、また占ってほしいと言われたので、タロット占いをしました。


              友達がいうには・・
              デートもあまり楽しくなくなってきたし、デート中にもスマホだし・・・
              結婚の意志もなにもなくて・・・
              あなたのいうことがどんどん本当になってきて・・

              運命の男性は・・ほかにいるのなら、早く別れたほうがいいのかな?と思う自分と別れたら自分はどうなるのかな?と思うと不安になるし・・・という話。

              前の占いの時よりも気持ちが冷めてきているみたいでした。


              タロット占いをしました。

              はっきり、お別れのカード。
              そして未来にしっかり結婚のカード。
              もちろん・・今の彼ではなく、新しい人。


              そして彼女は友達に
              「私はあなたに幸せになってほしい・・と思っているの。
              でもタロットをしているときは無心にならないといけないから。

              でもその結果が・・これ。

              押し付けるつもりはないけれど、これがあなたの未来だと私は確信しているの」と話したそうです。

              その夜、友達からメールが来て
              「はっきり言ってもらえたし、あのカードを見ていたら彼と別れないとだめだと思ったの。言いづらいことをいってくれたありがとう、今度彼と会ったときに別れる話を必ずするわ」とメールが来たそうです。



              友達が彼に別れ話をしたら、彼は
              「あ、そう?それなら別れよう」との一言。


              「真剣に考えていたのは自分だけだったとわかってまさにタロットのまま。新しい彼を見つけるわ」と連絡がありました。




              それから2週間後、

              友達が友達の紹介で行っている週2回のバイト(飲食店)の店長さん(経営者)から突然の交際を申し込まれました。

              そして友達はその男性と真剣交際をすることに決めました。


              その報告を彼女が聞きながらタロットを一枚ひくと・・・「カップの10」。


              はい、前に出てきたタロットカードと一緒でした。
              「結婚する相手よ」と友達に伝えると、友達は
              「明日にでも結婚したいと思ったのは初めて。バイトをしているときは仕事に一生懸命だったから。
              こんなに近くにいたなんて信じられないし、それに彼、よく見たら男前だったわ」と言ったそうです。



              「ごちそうさまです」とふるらんは言いました。
              生徒さんは
              「私も、ごちそうさま。といいました」と笑いました。



              「さて・・ここで一枚引いてみて・・もちろん彼女の占いではなく、あなたのためのカードを一枚。
              そうね〜お題は・・・こうやって友達を幸せにしたお手伝いをしたあなたがこれから歩む道を聞いてね」と言うと、彼女はカードを並べました。


              そしてそのカードをみて・・・彼女は嬉しさのあまり泣いていました・・・・






              人の幸せを嬉しく思う人は幸せ。

              そして自分の幸せをみんなに配れる人は・・・もっと幸せ。












               

              霊感タロット講座〜介護士さんからスピリチュアルセラピストへ

              0
                JUGEMテーマ:タロット占い

                 
                自分の才能を使わずに一生を終わらせる人がたくさんおられます。

                もったいないですね・・・

                でも才能がないのに・・・才能があるようにしておられる方も数知れず・・・

                それは・・残念。

                でも・・不思議なのは・・才能に目覚めたら世界の見え方が全く違う・・

                すごいと思います。


                それと・・いろんな霊感の先生とお話ししても
                「あなたには才能がない」と言われたことも多々ありました。


                「真実はどれ?」と思ったこともありましたけれど、真実の見抜き方は一つ。


                見えないものに対して、確信なんてもてないけれど・・と言おうか、確信の説明なんてできないけれど・・・
                でもね・・・見えないことが現実になったり、見えるようなことが起きたり・・・
                そしてもっと不思議なのが・・・幸せになっていくのを見れるときに

                「あ〜よかった見えてたのは本当だったんだ」って思えることです。



                霊視なんて・・自分の力だと思ったことはありません。

                一秒たりとも。

                あくまでも「お借りしているだけ」です。

                そう見せていただいているだけなので。



                だから
                「もっと」と思ったこともありません。


                これだけで十分。
                そして・・・これだけで・・・もうお腹いっぱいです。(笑)




                タロットは不思議なツールです。

                ただの紙ですが・・・その占いにはとても深いものがあります。

                なぜ当たるか?


                それは・・・タロット占いをされるセラピストとお客様に素敵な空気が流れ始めたら・・・なのです。




                お客様のお友達で介護士さんの仕事をしていた女性と会いました。

                仕事で悩んでいて、お客さんがその女性を紹介してくれたのです。


                ふるらんは元看護師さんですから・・介護士さんの大変さはよくわかります。

                でも・・それよりなにより・・・ふるらんのタロットカードさんたちが話始めていました。

                「あるよ〜、あるよ〜」って。

                あるというのは・・・霊感。


                「タロット占いとか興味ありますか?」とふるらんが聞くと

                「はい、子供の時の本の付録についてたタロットを今でも大切に持っています」と答えてくれました。



                けっこうこの回答の人が多いですね。


                そして彼女を霊視していると・・・
                「少し・・霊感あるね?」と聞くと

                「うっすらあると思いますが・・でも感じたときだけで・・・」

                「それはよかった、それを利用してタロット占いができるようにして・・・食べていけるようになるまで頑張れば行けるよ」と言うと

                「ほんとですか?」と聞かれたので

                「ただ、占いで当たるようになったとしても、しなければならないことがたくさんあるのでそれをしていくように・・なんだけれど」と話すと

                「なんでもやります」と彼女は答えてくれました。



                幽霊を見るより、人の幸せが見える方が楽しいでしょう?

                それに幸せになってくれた人から「ありがとう」と言われるのは楽しいし、やりがいありますし。



                霊感タロット講座スタート。

                ちょっと訓練が必要です。


                そしてもちろん介護士さんの仕事も続行してもらいました。


                仕事の中でも訓練ができるので。


                ふるらんは看護師さんの時に感を生かして、

                「○○○号室、今日はちょっと気を付けて」と介護士さんに話したり、定期巡回を時間をずらしてどんぴしゃとかありましたよ。


                それに予知を利用して、今日の準備・・・とか。



                新しいタロットを買ってもらいました。


                霊感の人が使うタロットのオーラはちょっと違います。


                使い方を話すと・・・やはり驚いていました。

                はい、ちょっと違います。

                それで彼女は覚えて・・・コツをつかむ訓練をしました。



                しばらくすると・・・

                「仕事で霊感を使ってとってもはかどるようになりました」と笑顔でした。


                この時、ふるらんは彼女のもう一つの才能の芽が見えてきていました。


                これは・・あと2・3年後・・かな?と笑ってみることにしました。


                タロットさんたちがふるらんに
                「新しいカードが必要」と話すのでそれを伝えておきました。



                新しいタロットを見つけたので、それを授業で見せてもらい・・
                「いいものを見つけたね」と話していました。




                そうですね、本当に最初はかすかな霊感でした。

                うん、ほかの人より・・少し強いかな?ぐらいのことです。

                特別なんていりません。


                人の幸せに「たくさんの霊感」を使わないとわからない、とか理由はありません。


                子供の一言が親の心に響いたり、猫がひざの上に乗っかってきただけで急に心が癒されたりするのが魂のある‘現象’であり、言葉の光が心に広がるような感覚を覚えたりするのですから。



                霊能力が強いからといって・・・人を強力に幸せにするわけではないのです。






                彼女は新しいタロットで占いを開始。



                その数か月後、人の縁である場所で一週間に1回、占いをするほどになりました。


                でも彼女はふるらんとの約束で
                「介護の仕事はまだやめてはいけない」というのを守ってもらっていました。



                どうしても・・辞めたくなるのです。

                でも先に言います。


                この世界・・・すぐ食べていける歩と豊かで安定などしていませんし、お客様との会話のことで占い師が精神的に疲れる部分がとても多いのも確かです。


                だからふるらんのところには占い師さんが相談に来られるのが多いのです。

                 
                「3年・・・我慢して」と話すと、彼女はそれを守ってくれました。




                3年後・・タロットだけで介護師さんの給料を超え、そして・・・

                「来月の○日から・・介護の仕事は一週間に2回にして」と話し・・・

                それを守ってくれました。




                あれから5年。


                「今月○○○をみて、○○○になりました。あと○○○で先生との約束になります」と彼女。

                ふるらんは
                「よくここまで来ました。こうやって話を聞いていてチャネリングをしていると・・・もう完全デビューをしてもいいらしいから、早かったら○月、遅くても○月には仕事を辞めていいですよ」と話すと


                「ありがとうございます。でも・・きっと介護の仕事はやめてはいけないと思います。そんな気がしますが」というので


                「さすがね。実はそれが本当の正解」というと


                「え?」というので


                「もう本当にあなたはセラピストとして仕事ができる人。自分の占いや感覚がわかる人でなお、あなた自身が仕事をやめてはいけないと思うのは正解だし。確かにやめなければならない人もいるけれど、あなたの場合は仕事は続行。

                もう私に頼らなくていいわよ」というと、


                「ありがとうございます。でも自分の感覚がずれないようにこれからも先生にはっきりと指導を受けたいと思います」とちゃんと話してくれました。



                うれしいですね・・これからもちゃんと自分自身できちんと自己コントロール。


                ふるらんも時々、諸先輩たちに意見を聞いて、自分の位置を確認、そして反省しています。



                ちゃんとしっかりと歩いて・・・自分の未来や、自分にかかわってくれた人たちのために能力を使っていきたいと思っていますので常に磨きをかけていきたいと思っています。




                一生生徒だと思っています。


                 


                霊感タロット教室〜タロットカードと付き合いを始めるタイミング

                0

                  霊感タロット教室をしています。

                  もちろん普通のタロット教室もしています、大阪、東京で。

                  その生徒さんの霊感の濃度にも、方向性にもよりますし、ふるらんは全体をみますので、タロットの才能があってもご家族様とのバランスも考えます。

                  なんでもかんでも
                  「教える」の人ではないのは・・やっぱり偏屈かしら?(笑)。


                  でもね・・・ふるらんがとてもたくさんの人を見てきて思うの。

                  占いの○○の為に霊的にしんどくなったり、家族がおかしくなったり・・・

                  その反対に占いを覚えたために本人は家族さんがしんどくなったり・・・

                  ふれてはいけないものがあるということを知っているから。


                  ほら、一度食べて・・湿疹ができたり、かゆみができたら・・警戒するでしょう?

                  あれです。



                  お子さんの霊感がある場合や霊にやられやすい体質、そして、ご両親の家系の問題もありますので、教えられない方もおられます。

                  良い、悪い・・という判断ではありません。



                  ピアノが弾けない・・は、良い悪いではないでしょう?

                  普通に引けるのはひけるようになると思います。
                  努力次第だと思いますが。

                  でも・・プロとしてやっていくは・・話が変わります。

                  ひきたくても・・手の大きさ、指の長さ、音感・・・そしてお金のかかることです。


                  そして・・どんなに才能があっても大会の前の日や当日に引けなくなる人さえいる・・それはやはり○○の違いから。だからたった一点の○○があるとそれでだめになる人もいるのです。



                  才能を輝かせるもの仕事、

                  つかえる才能をそこに使わないように変更させるのも仕事、

                  そしてその才能をほかのものに仕えないか・・と思うのも・・・ふるらんの仕事です。






                  「タロットを持ってきました・・見てもらえますか?」と新しいお客様から言われました。

                  ふるらんは
                  「そうね、このカードさんはタロットで仕事をしたいというよりも友達との占いで使ってほしい、お金を稼ぐまでにはいいから・・自分の大切な人に使って、役に立ててほしい・・と言っているね」とふるらんが言いました。



                  彼女は
                  「タロットさんの夢を時々見ます」と言いました。

                  ふるらんは彼女にある質問をしました。

                  すると・・
                  「はい、そうです」というと、

                  「やっぱりね〜あなたはもう一つタロットを買って・・それを将来・・う〜んと・・・3年後にはプロスタートのお勉強かな?」と言うので

                  「今ではないのですか?」と聞かれたので

                  「ええ、今は友達・・3年後・・の為ににね」というと

                  「それで・・なんかほかの先生の時にタロットでがんばりなさいって言われてもピンとこなかったんですね」とうなづいていました。


                  試しに・・・ふるらんのあるタロットをテーブルに出して・・・

                  「どう思う?」と聞くと

                  「そうですね・・・〜〜で〜〜な感じの・・・」

                  「素直に入ってみて」とふるらんが背中を押すと・・・

                  「〜〜で〜〜な感じ・・このカードはもともとふるらんさんのものではないですね?」と言うので

                  「大当たり!そして・・このカードから感じることを全部話してみて」と言うとある一言を言いました。


                  はい、そうです。

                  彼女の○代上に・・そういう関係の人がいます。

                  女性・・それもいろんなことに悩んだ末、いろんな人と話、そして迷い・・・

                  自分の道を考えた人です。

                  最終的には病気で亡くなった人です。


                  でも彼女の思いは
                  「自分の悩みも人の悩みも・・なんとかできるのは・・・」。



                  そして今回、この彼女にその想いを託しました。



                  良い、悪い・・という感じの割り振りではありません。


                  「ある程度まで様子を見たら・・・動向を見て・・・」ですね。

                  まぁ・・同じ女性だから・・ふるらんは甘いかな・・・


                  それが良し悪しに変わるから間違えないようにしているけれど・・・


                  守護されているなら・・・こんなに迷わない。

                  迷いや問題が起きているのは・・・それが〜〜して〜〜している、その証拠です。





                  昨日、そのお客様から連絡が来ました。


                  夢を見たそうです。


                  数人の友達を占って・・そのうちの一人にあることを言われたそうです。

                  その言葉の悲しさで・・涙があふれてきました。

                  「そんなつもりじゃないのに・・」という気持ちがいっぱいになって・・・目が覚めたそうです。


                  そしてふと見ると、閉まったはずのタロットがタンスの上からこちらを見ていました。


                  「今じゃないんだ・・・もっと私が大人になったら・・本物の大人になったら」と思ったそうです。




                  人の言葉に強くなるのも・・この仕事には必要なものです。

                  風邪をひきながら耐性をつけていき、長生きをするように・・・・・



                  ‘今’じゃない・・・・‘今’じゃない・・・・・・・・
                   


                  東京タロット教室〜お財布の不思議

                  0

                     

                    先日タロット教室の途中・・・生徒さんがやけにコインのカードが出てくるのがわかりました。

                    「これは・・彼女に何か変化があるのね」とわかったふるらんは、その場でチャネリングしたら

                    「お財布を買い替え」とメッセージが降りてきました。


                    それで生徒さんに聞くと・・・

                    「買って・・まだ2か月です」というので

                    「それでも・・・買い替えみたいだよ」とお話ししました。



                    某ブランドの高いお財布・・・

                    「ほら、ふるらんのお財布と比べてみる?」と言って見せると

                    「あら、素人の私が見ても、ふるらんさんの方の財布の方が・・何か違うってわかります」と言いました。


                    「今訓練中なんだけど、それでもこのぐらいだもん。だから・・お財布買い替えしてね。

                    そしてそのブランドのお財布、〜〜〜に閉まってほしいの」というと

                    「〜〜〜ですか?」

                    「うん。あんまり〜〜で〜〜なんだって・・」とお財布から聞こえてきたことをいうと

                    「なんかわかります。買ったとき、そこにしばらく入れていました。その時不思議に〜〜を〜〜〜したんです」というので

                    「でしょ?その子はそういう子なの」と説明しました。


                    「ふるらんさんのお財布と同じものがいいのですか?」と聞かれ、またチャネリングすると

                    「あなたは〜〜色で〜〜が〜〜〜〜しているのだって」というと

                    「わかりました、そのお財布探してみます」と彼女は言いました。


                    そして・・タロットを一枚ひいて彼女に見せると・・・

                    「コインの10」が出てきました。


                    彼女は

                    「わ〜〜〜〜〜」と言いながら、

                    「即効あちこち見て歩きます」と答えてくれました。


                    何月何日〜日までの間に購入、そして買ったら必ず見せること。

                    それから・・・・といい、することをすべてお話ししました。




                    そのあとしばらくして、彼女から連絡があり、気に入ったものを購入。

                    タロットの授業の時に見せてもらい・・・

                    タロットを一枚引いてもらいました。


                    すると・・・コインの1。

                    「今、始まったばかりね〜」とふるらんが言うと

                    「がんばってコインの10まで増やして見せます」と決意をしてくれました。




                    それから・・・・不思議なことが起き始めました。


                    教えたことをして・・・こつこつ実行していると、ちゃんとお金の関係があるそうです。

                    そして、お友達から食事をおごってもらうようになりました。
                    (みなさん、そういわれます)


                    そして・・・・・

                    お父さんが仕事で東京に出張にきたので、一緒に食事をすることにしました。


                    その話を彼にすると、
                    「それなら僕も一緒に行って、お父さんにあいさつをしたい」と言いました。

                    彼女、びっくり!

                    「だって・・まだ付き合って半年になるかならないかだし、結婚とか・・なにも決めていないし・・」というと彼は

                    「え?だってお付き合いをさせていただいているということをお父さんにあいさつをするのは当たり前だし、俺はきちんと真剣に考えていただけだよ」とにっこり。

                    そして出会った時から、この人と結婚できたらいいな・・と思ったことと、それから半年で貯金額を増やし、残業もしてきたし、友達の仕事も手伝ってお金をためてきたし・・・と話してくれたそうです。

                    それを聞いて彼女は
                    「自分がいかに真剣に考えていなかったのか」と反省し、「結婚する、しない」という部分だけに考えを凝らしていたということの気が付いたそうです。



                    彼女に
                    「今、タロットカードを一枚引いて」とメールをしました。

                    返ってきたメールには
                    「カップの2」が写っていました。

                    そして
                    「もう一枚・・・下から3番目をひいてみて」とメールをすると・・・・少しして

                    「カップの10」が写っていました。


                    「結婚するしかない相手だよ〜〜」と返信すると、

                    「これ以上の人はいないと確信しています」とメールがきました。




                    こちらで一枚タロットをひいてみました。

                    彼の金運について・・です。

                    するとカードは・・・金運、こつこつタイプでした。

                    ふと気が付くと・・もう一枚重なっていました。

                    そのカードは・・・・すべてを超えて愛の深い人の絵がかいてありました・・・。

                    よかった、よかった。





                     


                    大阪タロットスクール〜 友達を幸せに導く風水

                    0
                       タロットカード教室のお勉強は・・タロットを覚える、占い方を覚える・・等ありますが、ほかにもいろいろ使えるの。

                      スクールの中のレッスンはほとんど普通に占いができる方法ですが、回数を超えて、上へ・・より高みへ行きたい・・と思っている人には、タロットの授業を延長して、お好きな回数を来られている方もいます。

                      そういう方は・・プロを目指す人です。

                      「タロットで食べていきたい」と思う人は・・本当によく当たります。

                      やはり、趣味とプロでは意識が違いますので。




                      でも・・趣味でもお友達や家族の方に占って幸せになってもらえる方法も、ナチュラルで幸せです。




                      自分の目指す道がどこにあっても・・・一生懸命に前に進む人にはふるらんは応援させていただきます。







                      「タロットでもっと幸せになれる方法を教えてください」ととっても前向きな生徒さんが来られました。

                      でも彼女、最初から前向きではありませんでした。


                      いろんなことで心を痛めて、そして・・
                      「自分らしく、自分のカラーで食べていきたい」と思うようになり、タロットのお勉強をほかの学校でして、そのあと、ふるらんのブログを見て、来られました。


                      基本的なことはできていますが、それではっぴ〜・・・?というところまでは行っていませんでした。


                      ‘人を幸せにするタロット’・・とは。



                      考えて・・・考えて・・・
                      どうしたら?と思ったそうです。


                      ふるらんもそんな時期がありました。

                      占いは・・・誰でもできるんです。

                      そのあとが問題。


                      お客様を幸せにしている??って。



                      未来を明るくするには・・どうしたらいいのか?って。






                      ある日、ふるらんがタロットの整理をしていました。

                      時々行うメンテナンスです。


                      タロットさんもあまりにも回数を占うと・・お疲れになるし、それにたまにマッサージもしてあげないと。






                      すると・・不思議なことが起きました。

                      一枚のカードがポ〜〜ンと飛んで、タンスの引き出しのところに挟まったのです。


                      わ〜〜偶然にしては面白い・・・と思った瞬間、
                      「これって・・何かのメッセージ?」と思いました。

                      そしてすぐチャネリングをして・・・


                      すると回答がきました。

                      「そうなんだ・・・使い方と方向・・新しいやり方、でも基本は基本の古い考え方があるのね」とわかりました。

                      頭の中にあちこちに散らばるタロットカードが見えました。

                      それはどれも微笑み、そしてふるらんに語りかけてきているのです。


                      「みんなでまとまって・・幸せ」」って。



                      それでふるらんは考えました。

                      もしかしたら、今占いでつかっている以外のもので・・もっと家の中を幸せにできる方法があるはず・・と。




                      それで一枚のカードをひいていました。


                      ‘女帝’・・・まさに女性の幸せです。



                      このカードは・・・と想い、ずっと彼女と話していました。

                      そして・・・風水のことを教えてくれました。

                      「女性が住みやすい家にするためには・・」というお話でした。


                      ずっとお話しをしていて・・・気が付けば一時間ぐらいお話しをしていました。


                      風水のやり方も教えてくれました。






                      生徒さんにそのやり方を教えてあげると
                      「さっそく試してみます」と言って、自宅をためしにしてみることにしました。


                      すると、それから友達は急に遊びに来るようになったそうです。


                      そして楽しいお話しをいっぱいしてくれて、お部屋の中が明るくなっていきました。



                      「不思議に愚痴をいう人が来ないです。みんな彼氏ができたとか、結婚の報告とははっぴ〜な報告ばかりで聞いていると幸せになれますし、お部屋が気持ちよくなっていきます」と生徒さんは言いました。




                      今、彼女は友達の家に行き、タロットをして、そこからのメッセージで風水をしています。


                      「彼と縁が切れた」とか、「新しい彼ができた」ととても評判がいいそうです。


                      「いずれあなたにも彼氏ができるわよ」とふるらんが言うと、

                      「実は友達から・・遠距離だけど紹介してあげたい人がいる」というお話しがあるそうです。




                      彼女にタロットを一枚引いてもらいました。

                      そのカードは「女帝」でした。







                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>

                      スマートフォン

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode